金運・健康運・仕事運に恵まれた家を建てる!風水の家マニュアル【完全版】

メニューボタン
風水の家マニュアル » 家づくりの前に知っておきたい基礎知識 » 土地改良の手法・炭埋(炭素埋設)とは

土地改良の手法・炭埋(炭素埋設)とは

良い土地にするための策として行なわれている炭埋(炭素埋設)。こちらでは、炭埋がなぜ良いとされているのか?実際に行なわれたケースがあるのかをまとめています。

炭埋(炭素埋設)とは

土の中に炭(炭素)を埋め、土地改良の手法として知られるのが炭埋です。炭を用いることで、磁場を安定させます。

地球には磁力があり、北極と南極の間に磁場がありますよね。この磁場は多くの生き物と密接に関わっています。磁場や大地の電気の流れ(大地電流)などをもとに、電子が集まる土地は良い土地(いやしろ地)であることを物理学者である楢崎皇月(ならさき さつき)先生が発見。炭を地中に埋めることで周りの電位構成に変化を与え、安定した誘電効果をもたらせると発表しました。

のちに、人や植物に良いエネルギーを与えるいやしろ地の考えを世に広めることとなります。

土地にはいやしろ地(癒しの地)と穢れ地がある?

土地のエネルギーが高く、生き物も植物も過ごしやすいと感じているような良い土地は、いやしろ地と呼ばれています。心地良く感じるのは、大地からのエネルギーを受け取っているからなのです。

反対に、人が居つかず空気がよどんでいるような土地は穢れ地と呼ばれています。穢れ地からは良くない影響しか受けられません。

もくもく村でも炭埋が行われている

当サイトを制作するにあたり、取材させていただいた千葉県君津市の「もくもく村」でも、建設の際に炭埋を行なっています。

もくもく村のある土地はもともと、穢れ地と呼ばれる悪い土地でした。産業廃棄物よく不法投棄されるような谷で、草木も生えない土地だったそうです。代表の山根維随(やまね いずみ)先生はその様子を見て、「何とかなるのではないか」と感じ、土地改良に挑まれました。

土地改良として初めに取り組まれたのが炭埋。効果を実感できるまで時間がかかりましたが、いつしかもくもく村は草木がのびやかに育ち、花が咲くような良い土地に生まれ変わったのです。今では産業廃棄物が投棄されるような場所だったとは感じさせない光景が広がっています。

悪い土地は家を建てないほうが良い、ということはありません。悪い土地でも、可能性があれば癒しの土地に変えることができるのです。

取材協力
もくもく村
(株式会社アンジコア)

もくもく村の公式サイトのTOP画面
*引用元:もくもく村公式HP
(https://www.mokumoku-mura.com/)

株式会社アンジコアが運営する漆喰や無垢などの自然素材で建てた無添加住宅やログハウスが見学できる展示場。先人たちの経験を基に導き出す風水を大切にして作った自然の中にある6棟の展示場をリアルに体感することができます。

同サイトでは、風水にも精通する山根維随代表に協力を依頼し、家づくりに取り入れるべき風水などについて伺いました。

風水設計家づくりの大切さについて
詳しく見てみる

創業者 山根維随(やまねいずみ)
(NPO法人 幸せな家づくり研究会理事長)>
山根先生の顔写真

シックビル症候群にかかった経験から、シックハウス症候群に苦しむ人を救いたいと考え、住宅事業に参入。化学物質による健康被害を防ぐため、自然素材を使った無添加住宅を提案しています。

さらに「家を建てるご家族の幸せのために、風水を取り入れるべきだ」という結論に至り、理論を修得。

風水の観点から見た「良い土地」探しから請け負い、質の高い家を提供しています。

山根先生が手掛けた
風水の家を公式HPで見る

風水と家づくりの専門家
山根先生に聞きました!

風水に詳しいアンジコアの山根代表

山根先生プロフィール

山根維随(やまねいずみ)氏。千葉県君津市に本社を構える住宅会社、株式会社アンジコアの代表取締役。NPO法人「幸せな家づくり研究会理事」。関東を中心に風水を取り入れた無添加住宅を数多く手掛けている。

山根先生が手掛けた
風水の家を公式HPで見る

山根先生の住宅会社に
電話で問い合わせる

当サイトは長年、風水と家づくりに携わってきた山根先生をアドバイザーに迎え、賢い風水の取り入れ方をまとめています。