金運・健康運・仕事運に恵まれた家を建てる!風水の家マニュアル【完全版】

メニューボタン
風水の家マニュアル » 家づくりの前におさらい!風水の基本 » 家の中心を割り出すには

家の中心を割り出すには

風水において、家の中心を求めることは最重要事項です。風水の鑑定は、家の中心がわからなければはじまりません。ここでは、家の中心を求める方法について紹介しています。

風水における家の中心の求め方

風水や家相を見るにあたって、まず必要なのは、家の中心を求めること。方向や方位を見るためには、家の中心が基点になるからです。

戸建の場合は、1階と2階(3階、4階)と、別々に中心を出していきます。バルコニーや出窓、玄関ポーチなどは建物には含みませんが、サンルームなどは建物として考えます。

張りや欠けが少ない場合の求め方

張りや欠けがなく、四角形の場合は、対角線の交わったところが家の中心になります。

張りや欠けがあり、その部分が一辺の3分の1未満である場合、張りや欠けがないものとみなして四角形を描き、その対角線の交わったところを中心とします。

張りや欠けが多い場合の求め方

張りや欠けが、その一辺の3分の1以上の場合は、張りや欠けの面積を平均した四角形を描き、その四角形の対角線が交わったところが中心となります。

もうひとつ、以下のような方法もあります。

  1. 張りや欠けの部分で家を縦に2区画に分けて、それぞれの区画で対角線の交点を出し、それぞれの交点を結びます。
  2. 次に、張りや欠けの部分で横に2区画に分けて、それぞれの対角線の交点を出し、その交点を結びます。
  3. 1.と2.の線分の交点が家の中心となります。

風水的に重要な家の中心

風水では、気の流れをつかむ必要があります。その気の流れをつかむためには方位を調べなければならず、方位を調べるためには、中心を割り出す必要があります。

また、この中心が正確に求められないと、吉方位だと思っていたところが凶方位だったり、凶方位だと思っていたところが吉方位だったりと、鬼門にかかったりかからなかったりと、鑑定結果に違いが出てしまいます

おすすめコンテンツ

家の中心が出れば、風水の鑑定に必要な北、北東、東、南東、南、南西、西、北西の八方位が求められます。

これから家づくりをされる方で、八方位を用いて運気アップを目指したい人はこちらもチェックしてみてください。

風水と家づくりの専門家
山根先生に聞きました!

風水に詳しいアンジコアの山根代表

山根先生プロフィール

山根維随(やまねいずみ)氏。千葉県君津市に本社を構える住宅会社、株式会社アンジコアの代表取締役。NPO法人「幸せな家づくり研究会理事」。関東を中心に風水を取り入れた無添加住宅を数多く手掛けている。

山根先生が手掛けた
風水の家を公式HPで見る

山根先生の住宅会社に
電話で問い合わせる

当サイトは長年、風水と家づくりに携わってきた山根先生をアドバイザーに迎え、賢い風水の取り入れ方をまとめています。