金運・健康運・仕事運に恵まれた家を建てる!風水の家マニュアル【完全版】

メニューボタン
風水の家マニュアル » 家づくりの前におさらい!風水の基本 » 風水における陰陽五行説とは?

風水における陰陽五行説とは?

風水には様々な考え方が取り入れられていますが、最も基本となるのが「陰陽五行説」です。こちらでは、陰陽五行説の概要について詳しく解説するとともに、陰陽五行説に基づいたオススメの風水対策を紹介していきます。

陰陽五行説とは?

陰陽五行説とは紀元前の中国、春秋戦国時代の頃に生まれた自然哲学の思想です。風水はもちろん、占いや医学の方面でも用いられています。

陰陽五行説の考え方を端的にまとめると、自然界にあるものはすべて「陰」か「陽」どちらかの性質を持っており、なおかつ「木、火、土、金、水」の五行に分類される、といった論旨になります。

この陰陽五行説は別々の考え方が合わさってできたものであり、ルーツをたどると「陰陽説」「五行説」に分類されます。つまり、陰陽五行説の理解を深めるためには、元となる2つの考え方についてしっかり学ぶことが必要というわけです。

陰陽説

「陰陽説」は自然界に存在するすべてのものを「陽」と「陰」で説明する、二元論的な考え方です。「陽」はプラスにあたるもので、ポジティブ・積極的・能動的・前進といった概念が当てはまります。反対に「陰」はネガティブ・消極的・受動的・後退など、マイナスにあたる概念のことを指しています。

陰陽の例としては、男と女、生と死、天と地、太陽と月、明と暗、動と静といった対立関係にあるものが挙げられます。一般的に陽は良いもの、陰は悪いものと思われがちですが、陰陽説はどちらかが良い悪いという考え方ではありません。万物を構成するためには、両方とも欠けてはいけないのです。また、陽と陰はバランスを図る必要もあるため、どちらか一方のパワーが強すぎても弱すぎてもいけないということになります。

つまり陰陽説とは相対する2つのエネルギーがバランスを保ち、物事の均衡をとっているという考え方なのです。

五行説

「五行説」は風水において、陰陽説と同じくらい重要です。自然界に存在するすべてのものを「木・火・土・金・水」という5つの要素で説明するという考え方になります。

  • 木→成長すること、自由であること。青色。木製品
  • 火→燃え盛ること、旺盛なこと。赤色。プラスチック製品や化繊類
  • 土→万物を育てること。黄色。陶器類
  • 金→結実させること、確実であること。白色。金属製品や鉱物
  • 水→流れること、変化すること。黒色。暗い場所に置いたガラス製品

このように五行を構成する要素は、それぞれ当てはまる概念や色、アイテムが異なっています。また、陰陽説と同じく五行説にも良し悪しの判断基準は存在しません。木・火・土・金・水はすべて万物を構成する元素なので、どれか1つでも欠けてはいけないのです。

さらに、五行説では「相生(そうしょう)」と「相克(そうこく)」という法則が重要となってきます。

相生(そうしょう)

「相生」とは五行の各要素がそれぞれ互いに良い影響を与えながら、発展するという法則です。「木をこすると火が生まれる→火が燃えると土に還る→土から金が生まれる→金を冷やすと水が生まれる→水は木を育てる…」といったサイクルで循環するため、創造をもたらします。

相生では五行における一方の要素が消滅する代わりに、新たな要素が誕生します。例えば「火」と「土」なら、火はやがて燃え尽きてしまいますが、その後に残った灰から土ができるということです。つまり、相生とは互いを活かし合う関係なので、結果的に運気を呼び込んでくれるのです。

相克(そうこく)

「相克」は五行の各要素が互いに反発したり、長所を消し合ったりするという法則です。「木は土から栄養を奪う→土は水をせき止める→水は火を消す→火は金を溶かす→金は木を切り倒す…」といったサイクルなので、結果的に破壊をもたらします。

相克では相生のように新たな要素が誕生することはありません。例えば「水」と「火」なら、火は水によって消えますが、水も蒸発してしまうため、後には何も残りません。言い換えれば、相克とは潰し合いの関係なので、運気も下がってしまいます。つまり、風水では相克の関係を避けつつ、相生の関係を活かすことが基本となるのです。

陰陽五行説のパワースポットは温泉!

陰陽五行説に関する気を取り込めば、運気をアップさせることができます。対策としては上げたい運気に合わせて食事を見直したり、インテリアを変えたりする方法などありますが、一番手っ取い方法は温泉に入ることです。

なぜなら、温泉は地熱(土)で温められた湯(水)が地中(土)から湧き出たものであり、植物(木)や鉱物(金)の成分が含まれているため。つまり、温泉に入るだけで五行の気をすべて取り込めるのです。

また、温泉の泉質によって、運気アップ効果も異なるといわれています。そのため、複数の温泉がある場合、泉質の違う温泉にそれぞれ入ってみることをオススメします。

さらに、温泉には身体に溜まった悪い気を追い出してくれる作用や、さまざまな症状を改善してくれる効能もあるため、運気アップ・浄化・健康促進をまとめて実施できるのです。

取材協力
もくもく村
(株式会社アンジコア)

もくもく村の公式サイトのTOP画面
*引用元:もくもく村公式HP
(https://www.mokumoku-mura.com/)

株式会社アンジコアが運営する漆喰や無垢などの自然素材で建てた無添加住宅やログハウスが見学できる展示場。先人たちの経験を基に導き出す風水を大切にして作った自然の中にある6棟の展示場をリアルに体感することができます。

同サイトでは、風水にも精通する山根維随代表に協力を依頼し、家づくりに取り入れるべき風水などについて伺いました。

風水設計家づくりの大切さについて
詳しく見てみる

創業者 山根維随(やまねいずみ)
(NPO法人 幸せな家づくり研究会理事長)>
山根先生の顔写真

シックビル症候群にかかった経験から、シックハウス症候群に苦しむ人を救いたいと考え、住宅事業に参入。化学物質による健康被害を防ぐため、自然素材を使った無添加住宅を提案しています。

さらに「家を建てるご家族の幸せのために、風水を取り入れるべきだ」という結論に至り、理論を修得。

風水の観点から見た「良い土地」探しから請け負い、質の高い家を提供しています。

山根先生が手掛けた
風水の家を公式HPで見る

風水と家づくりの専門家
山根先生に聞きました!

風水に詳しいアンジコアの山根代表

山根先生プロフィール

山根維随(やまねいずみ)氏。千葉県君津市に本社を構える住宅会社、株式会社アンジコアの代表取締役。NPO法人「幸せな家づくり研究会理事」。関東を中心に風水を取り入れた無添加住宅を数多く手掛けている。

山根先生が手掛けた
風水の家を公式HPで見る

山根先生の住宅会社に
電話で問い合わせる

当サイトは長年、風水と家づくりに携わってきた山根先生をアドバイザーに迎え、賢い風水の取り入れ方をまとめています。